HOME>イチオシ情報>寿命が長いため、初回の選び方がキーポイント

照明一つで部屋の印象を左右

照明

LED照明器具は寿命が長く、一旦LEDに交換すれば次に交換するまで、蛍光灯や白熱電球よりも頻度が少なくて済みます。市場に出回った当初は高価でしたが、今は値段も安くなっていることと、既存の蛍光灯や白熱電球のほうが生産数が減っていることから、家庭での普及がぐんと進みました。そこで、現在使っている電球からLED照明に交換しようとお考えの方も多いでしょう。ところがLEDは一度交換すると次の交換までが長いことから、部屋の印象も長く固定されると言えます。カーテンに並んで、照明が果たす部屋の役割は大きなものです。一口にLEDと言っても定番のシーリングライトにするのか、吊り下げタイプのペンダントライトにするのか、はたまたシャンデリアにするのかなど目的に合わせた選び方をしていきましょう。

購入前に費用を確認

電球

LED照明器具はデザインだけではなく、費用についても選び方のポイントになってきます。LED蛍光灯の価格は1万円前後、LED電球の価格帯は1000円から5000円前後となっていることが多いのです。価格比較サイトでも値段は確認可能ですが、蛍光灯や電球自体はスーパーや家電量販店でも購入が可能なため、気軽に値段の下調べがしやすい商品です。照明としておしゃれさを追求するのなら、その分価格も上がると考えておいたほうがよいでしょう。

長く使用するからこそ慎重に

照明

部屋のインテリアには合わないと感じた場合、寿命が来る前にLED照明器具を交換することは可能ですが、高さのある天井の取り換えともなると手間が掛かるものです。何より寿命が来てないのに取り替えともなると費用が掛かります。そのため、購入前に部屋のイメージをつけておくと失敗のない照明選びができるはずです。オンラインサイトでもさまざまな照明器具を取り扱っているため、定番のものを選びたいのか、おしゃれを追求した照明を選ぶのか事前に調べておくことで満足度が高くなるでしょう。

広告募集中