デジタルカレンシーマイニングコイン

デジタルカレンシーマイニングコインは
有益性のある通貨として業界が最注目する最新の暗号通貨です。

デジタルカレンシーマイニングコイン概要

DCM(デジタルカレンシーマイニングコイン)はEthereum baseのブロックチェーン上で新規にトークンを発行し共通のプログラムで取引ができるコインです。発行枚数は10億枚。送信手数料は0.15% ヤンク・バリー財団と子供の支援へ寄付をします。

デジタルカレンシーマイニングコイン

DCMはAI(人工知能)で稼働

各暗号通貨のパフォーマンスや情勢を見極めながら、投資効率の良い通貨を選択し、マイニングを行います。マイニングマシーンとAI(人工知能)を稼働させ効率の良いマイニングが実現可能です。また最新鋭のGPU 6400個を10箇所に備え、さらに効率の良いマイニングを行うことができます。

デジタルカレンシーマイニングコイン デジタルカレンシーマイニングコイン

デジタルカレンシー株式会社によるマイニングシステム

デジタルカレンシー株式会社による独自のマイニングシステムをご紹介します。

マイニングマシンのリース販売

マイニングをしたいけれども知識がないし、専用の部屋を借りるほどの余裕もない。 そんな方々のために日本国内に土地と倉庫、さらに空調設備をしっかり整えた大規模のマイニング工場を建設しました。 弊社ではその工場に設置したマイニングマシーンのリース販売を行っております。

デジタルカレンシーマイニングコイン

他では絶対に手に入らない独自のマイニングシステムと技術を持ったマシン

従来のマイニングでは、その時に適切なマイニング素材を手動で管理していました。 しかし弊社ではその動きを自動管理で行い、高いパフォーマンスを維持することに成功しております。 流れは非常にシンプルで、マイニングされたコインはすべてビットコインに自動変換されてお客様のウォレットに毎月入ります。

デジタルカレンシーマイニングコイン

2017年より試験運転をした結果

収益の50%は維持管理費(電気代金・メンテナンス料金)がかかります。またリース期間は3年間とします。

デジタルカレンシーマイニングコイン

AI(人工知能)はどのようにしてブロックチェーンと共創していくのか

デジタルカレンシーマイニングコイン

ブロックチェーンは非常に革新的な技術ではありますが、完璧ではありません。そこには、いくつかの課題が存在しています。 技術的なものや、金融サービス業の昔ながらの文化に由来するものもありますが、AIによってそれらの課題を解決できる可能性があります。

マイニングによる電気コストとAI

マイニングはすればするほど電気代が増えていきます。つまり、マイニングでお金を稼ぐにはコストをかけなくてはなりません。しかしながら、AIを導入することで、エネルギー消費の最適化を行い、非常に効率的にエネルギー運用を行うことができる事が既に証明されています。

そこで、ブロックチェーンのマイニング作業においても同様の技術を用いて同様の結果が得られるのではと期待が寄せられています。 AIによるエネルギー利用の最適化がマイニングにも適用できれば、ハードウェアにかかるコストを削減することができます。

ブロックチェーンのスケーラビリティ問題

ブロックチェーンのスケーラビリティ問題はハードフォーク問題でご存知の方も多いでしょう。 ブロックチェーンは安定した10分ごとのペースで1MBの取引記録を分散台帳に記入しています。その結果、チェーンがどんどん増えていきデータの容量に限界がきているという問題です。

そのため、例えばビットコインのSegWit(ブロックサイズは1MBのまま、ブロック内の取引記録の情報量を増やす)や、ビットコインキャッシュ(1MBから8MBと容量そのものを大きくする)のハードフォークが実行されました。 サトシ・ナカモト本人はブロックチェーンのスケーラビリティに関して当初、剪定モード(blockchain pruning)を言及しています。剪定モードとは過去の不要なトランザクション・ブロックを削除して保存しないようにするものです。

もちろん、それは有効な解決手段ですが、AIは他の新しい解決策を提案してくれると言われています。それがフェデレーション・ラーニングです。簡単に言うと、フェデレーション・ラーニングは多くのユーザーがサービスに集中する時にクラッシュしないために利用されます。 このフェデレーション・ラーニングには機械学習技術の応用が進められており、今後ブロックチェーンのスケーラビリティ問題を解決する技術として注目されています。

ブロックチェーンのセキュリティ問題とAI

ブロックチェーンを実質的にハッキングすることが不可能であっても、アプリケーションやウォレットはあまり安全でない場合があります。(DAO、Bitfinexなどの問題)。 この先、機械学習の進歩で、AI(人工知能)はシステム構造を理解し、安全なアプリケーションの利用を保証してくれるようになる可能性があります。それはブロックチェーンが発展するための大きな味方となるでしょう。 機械学習によってスパムメールの判定などができるように、セキュリティ問題はAIの力で徐々に解決されてきています。

ブロックチェーンのプライバシー問題

個人情報を企業が流出させて多額の損害賠償を受けるニュースをよく耳にするように、企業にとって個人情報の保護は重要課題です。 その課題をブロックチェーンで解決させようとする動きもあります。MITメディア・ラボが開発する分散型クラウドコンピューティング技術「エニグマ(εnigma)」やJPモルガンが投資を行っている「Zcash」はプライバシー問題を解決するブロックチェーンとして期待を集めています。 しかし、この二つのブロックチェーンはスケーラビリティとセキュリティに対して課題が残っています。 今後、その課題をAIがどのように変えていくのか成長の余地が大きく残されています。

データの扱いとブロックチェーン × AI(人工知能)

デジタルカレンシーマイニングコイン

将来的に、すべてのデータがブロックチェーン上で利用可能になり、企業が直接、所有者からデータを購入できるようになるかもしれません。そのためには、アクセスを許可し、データの使用状況を追跡し、どのような動作を行うべきなのかを一般的に理解するのを助ける事が必要になります。
ビッグデータを一つ一つ管理する事は人間には不可能です。またデータの運用をリアルタイムで行うためには自動化が必須です。これらは人工知能の仕事になっていくでしょう。

DIGITAL CURRENCY MINING COIN

デジタルカレンシーマイニングコインでできる5つのメリット

デジタルカレンシーマイニングコインには様々なメリットがあります。

デジタルカレンシーマイニングコイン

マイニングコイン

新しく開発(マイニング)され、これから伸びる将来性のあるコインです。

デジタルカレンシーマイニングコイン デジタルカレンシーマイニングコイン

ドーネーション
(奨学金)

奨学金のサポートをDCMで採掘された分を寄付していきます。

デジタルカレンシーマイニングコイン デジタルカレンシーマイニングコイン

ポイントマイレージ

DCMを持っているとJALのマイレージポイントがたまります。

デジタルカレンシーマイニングコイン デジタルカレンシーマイニングコイン

BANK
(フルバンキング)

DCMは銀行でも取り扱いができます。

デジタルカレンシーマイニングコイン デジタルカレンシーマイニングコイン

株主優待

DCMを持っていると旅館やホテルに無料で泊まれるなど特典が受けられます。

マイニング(Mining)とは何か?

注目されているマイニングとは?

マイニング(Mining)とは自分のパソコンに計算させて仮想通貨を無料で手に入れることを指します。 つまりパソコンをマイニング用に設定すれば、パソコンが自動的にマイニングしてくれるということです。 例えばビットコインは世界中の様々な取引所で取引がされています。 その売買を不正なく取引を行うためには膨大な計算量が必要となります。 このブロックチェーンをつなぐ計算はとても一人でまかなえる量の計算ではありません。 そこでマイニングを行うマイナーという人たちがこの大規模な計算を手伝っているのです。 簡単に言えば複雑な計算の対価(報酬)として仮想通貨をもらう仕組みです。

実はマイニングはビットコイン以外のコインでも可能なのです。 例えばイーサリアム(ETH)モナコイン(MONA)ライトコイン(LTC)ジーキャッシュ(ZEC)モネロ(XMR)エレクトロニウム(ETN)などです。 しかし個人でマイニングを始めようとするとマイニング用のパソコンだけでなく、電気代、空調管理なども必要となりそれだけでも膨大な作業になってきます。

マイニングの仕組み

仮想通貨のマイニングは、新たに発生した取引データをまとめたブロックを、公開取引簿(ブロックチェーン)に追加する作業のことです。そして、全検索・総当たり処理によって新たなブロックとブロックチェーンをつなぐキーを最初に見つけて作業を完了したマイナー(採掘者)が、報酬として新規発行された仮想通貨を獲得できます。 一方で、通貨としての価値を維持するために新規発行量はプログラムであらかじめ決まっています。そのため、マイナーの数が増えれば増えるほど、マイニングの競争はより激しいものに... 例えばとりわけ流通量の多いビットコインのマイナー間では、すでに熾烈な競争が行われています。

現在のマイニング事業 その実態とは?

例えばビットコインのマイニングでは、GPU(グラフィック・プロセッシング・ユニット)を利用することはもはや当然となり、最近ではASIC(特定用途向け集積回路)を利用する例も見られます。マイニングのための半導体(マイニングチップ)を独自開発して、演算性能のさらなる向上を目指している企業もあるほどです。

そして、マイニングで収益を生み出すには、GPUやASICを組み込んだコンピュータを複数台並列して稼働させ続ける必要があります。その際、課題となるのが大容量の電力確保です。さらに、機器を冷却する設備も欠かせません。

そのため、マイニング事業では大容量の電力と冷却設備を兼ね備えたデータセンターの活用が欠かせません。 では、データセンターを選定する際には具体的にどのような点に注意すべきでしょうか?

マイニングにおけるデータセンターの選定 3つの条件

マイニングのデータセンターを選定するには、次の3つの条件を考慮する必要があります。

デジタルカレンシーマイニングコイン

供給電力量が豊富であること

デジタルカレンシーマイニングコイン

電力コスト低減に
取り組んでいること

デジタルカレンシーマイニングコイン

サポート体制が手厚いこと

条件1 供給電力量が豊富であること

データセンターによっては供給電力の不足により予定の構成が組めない場合や、ラックスペースの追加が求められることがあります。ラック当たりの供給電力がマイニングマシンの安定稼働に充分なデータセンターを選ばなければなりません。

条件2 電力コスト低減に向けた取り組みを行っていること

電力コストは、マイニング事業の損益に直ちに影響を与える重要なファクターです。そのため、電力コスト低減につながる取り組みに積極的なデータセンターを選ぶことが大切です。冷却効率化のために外気や雪を利用して、PUE※1を大幅に低減しているデータセンターもあります。
※1 PUE(パワー・ユーセージ・エフェクティブネス):電気効率を示す指標。データセンター全体の消費電力÷機器の消費電力により算出し、この値が1.0に近づくほど電力消費効率の良い施設となる。

条件3 サポート体制が手厚いこと

24時間365日稼働しなければならないマイニングセンターにおいては、トラブル発生時に素早く的確なサポート対応を行ってくれるサポート体制が必須です。必要に応じて、現地での機器の設置や設定、トラブル対応をしているデータセンターが重要になってくるでしょう。

DIGITAL CURRENCY MINING COIN

NEWS

  1. 登録されているお知らせはございません。

セミナー情報

  1. 登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る